長谷川さんちの資産運用

3兄弟の父による資産運用実践記!だけでなく、ドタバタな子育て生活のことなども好き勝手綴っている「なんちゃって」資産運用ブログです。

個人向け国債を買おうと思ってた矢先に日銀マイナス金利導入決定!生活への影響は?

 

こんにちは、長谷川ナオトです。

 

2016年1月30日(土)の『新潟日報』朝刊1面の見出しには驚きました。

(『新潟日報』とは、新潟県の定番ローカル紙のことです)

日銀、初のマイナス金利 追加緩和で導入 物価鈍化、市場混乱受け

日銀は29日、金融政策決定会合を開き、追加金融緩和策として、民間銀行が日銀に新たに預ける資金に年0.1%の手数料を課す「マイナス金利」の導入を初めて決めた。原油安で物価は伸び悩み、年明け以降の市場混乱で景気の先行き不安が強まっているため、金利を一段と引き下げる。2月16日から適用する。マイナス金利は副作用も大きく、デフレ脱却を実現できるか依然不透明だ。

2016年1月30日(土)『新潟日報』1面

え~っ!?

ところで、マイナス金利って何・・・?

 

マイナス金利とは?

同日、2016年1月30日(土)の新潟日報からさらに引用します。

Q&A

日銀がマイナス金利の導入を決めました。

Q マイナス金利とは何ですか。

A 日銀は、銀行から預金を集めたり、お金を貸したりする「銀行の銀行」です。銀行からの預金に対し、これまでは年率0.1%の利息を付けていましたが、逆に一部に0.1%の手数料を課すことにしました。銀行にとっては金利がマイナスになるのと同じなので「マイナス金利」と呼んでいます。

Q 狙いは。

A 世の中により多くのお金を出回らせ、景気を刺激して物価を上げることです。日銀は銀行が保有する国債などを買い入れることでお金を供給してきましたが、銀行は受け取ったお金の大半を日銀に預け、貸し出しなどにはそれほど回してきませんでした。今後は日銀に預けるとお金が目減りしていくので、銀行がより活発に貸し出しなどを増やしていくことが期待されます。円で資金運用する魅力が低くなるので、円安が進む効果も見込まれます。

Q 私たちの銀行預金もマイナスになるのですか。

A 現在、世界の主要中央銀行では欧州中央銀行(ECB)が0.3%のマイナス金利を適用していますが、個人や法人の預金金利をマイナスにした例は限られています。銀行間の競争があり、預金者離れを防ぐためにも簡単にはマイナスにはできないためです。

Q 副作用は。

A マイナス金利は銀行のコストとなるため、銀行が企業や家計への貸出金利を引き上げることなどで転嫁を図るのではないかとの懸念があります。金利が上がれば企業の投資や人々の消費は冷え込み、日銀が意図した景気刺激と反対の効果を持つ恐れもあります。

2016年1月30日(土)『新潟日報』7面

ふむふむ。

マイナス金利とは金融緩和政策のひとつ、ということですね。

銀行が日銀に預けたお金の一部に0.1%の手数料を課す、とのことです。

マイナス金利適用の仕組み

2016年1月30日(土)『新潟日報』7面

世の中に出回るお金が増えれば物価上昇が期待できますが、そこまでして物価上昇にこだわる必要があるのかなぁ?というのが正直な感想です。

 

マイナス金利導入・識者の見方

みずほ証券の上野泰也チーフマーケットエコノミストは、日銀が金利に焦点を当てた政策を打ち出したことで「従来の量的緩和路線の行き詰まりが示された」と厳しい見方を示した。中国経済の減速などで企業の設備投資需要は高まらず、お金を消費や投資に回して経済を浮揚させるシナリオも「成り立ちにくい」とみる。

2016年1月30日(土)『新潟日報』7面

ちなみに上野泰也氏をご存知の方も多いと思います。私も以前、『週間ダイヤモンド』2015年5月23日号で、上野泰也氏への取材記事を読んで、この方の仰ることは信頼できるなと思いました。

 

さて、確かにいつまで経っても約束の「物価2%上昇」は達成しません。

グローバル経済下では、お金の供給量を増やしたからといって、物価上昇に繫がるとは限らないという見方もありますし、中国経済が減速している今このタイミングでの導入決定も、どうなんでしょうね?

物価を始め、企業の業績や株価の動向がどうなるか、注視していきたいところです。

なにせ初めての試みですから。

「歴史の転換点」と言うと大げさかもしれませんが、原油価格下落、中国経済の減速、そしてマイナス金利導入、アメリカ大統領選…2016年はマクロ経済のひとつの潮目となるのは間違いなさそうです。

 

マイナス金利導入による家計への影響は?

やはり一番気になるのは、私たち一般家庭への影響です。

『新潟日報』にはこのようにありました。

マイナス金利の影響

2016年1月30日(土)『新潟日報』7面の図をもとに作成

 

我が家にとってはデメリットばかり・・・

我が家はローンは一切借りていません。

また、輸出企業で働いてもいませんし、株式や投資信託も、まだ一切保有していません。

ということで、メリットを一切享受できないんですよね…。

昨年結婚した義理の弟は、「住宅ローン組んで家を買おうかな」と言ってましたが、そういう方々にとってはメリットもあるのかもしれません。

 

一方で、食品の値上がりはダイレクトに家計に響きますし、預金金利の低下も困ります。

そもそも預金金利なんて一切アテにしていませんから構わないのですが、やっぱり下がるのは嫌です。

そして、もし黒田総裁の思惑通り物価が上がり、一方で金利が下がるようだと、我が家の実質金利(名目金利ー物価上昇率)はマイナスになりますから、ただ預金しておくだけでは、お金の価値はどんどん目減りしていくことになってしまいます。

 

国債の利回りが急落、預金金利の引き下げ決定も相次ぐ

マイナス金利導入決定の発表後、国債の利回りが急落

29日の国債市場は、日銀が追加金融緩和策としてマイナス金利導入を決めたことを受けて長期金利が急低下(国債価格は上昇)し、指標である新発10年債(341回債、表面利率0.3%)の利回りが一時0.090%と過去最低を更新した。

2016年1月30日(土)『新潟日報』7面

すごいですね~。前日比マイナス0.125%の急落です。

また、国債利回りの急落を受けて、金融機関も続々と預金金利の引き下げや定期預金の新規募集停止を決定しています。

それにしても、なぜこんなに急落したんでしょう。

 

国債の利回りが急落した理由

2016年2月2日(火)の『新潟日報』より引用します。

金融機関はマイナス金利で手数料を取られることを嫌い、余った資金を日銀に預けずに国債購入に充てる動きを加速させた。短期で運用する資金が少しでも高い利回りを求めて国債に流れていることと相まって、長期金利が急低下した。

2016年2月2日(火)『新潟日報』1面

要するに、銀行や投資家の国債を買う量が急激に増えて、利回りが急落(=国債の価格が上昇)したってことですよね。

 

個人向け国債(変動10)を購入しようと思っていた矢先・・・

実は我が家では、近いうちに個人向け国債(変動10)をそれなりの金額(数百万円)分、購入しようと考えていたんです。

こちらの記事で、「我が家には4年分の生活防衛資金がある」と述べました。

やるべきことはやる
こんにちは、長谷川ナオトです。 子育て世帯でも、株式投資を始めとしたリスク資産への投資を始めることができる前提条件とは何か。 最初に結論を述べます。 ...

 

その4年分の生活防衛資金、よほどのことがない限り使わない(引き出さない)お金にも関わらず、全て普通預金に置いてあるのです。

雀の涙ほどの金利しかつかないのはもったいないですから、ほとんどを個人向け国債(変動10)に置き換えるつもりでいました。

その矢先です、日銀のマイナス金利導入が決まり、国債の利回りが急落したのは…。

 

個人向け国債(変動10)を買っても、意味ないかも・・・?

2015年2月1日(月)、国債利回りはさらに低下し、一時0.050%を記録しました。

日銀の黒田総裁は、必要があればマイナス金利の幅をさらに拡大するとも言っており、市場では国債利回りが0%近辺まで下がるとの見方もあるそうです。

 

意味ないじゃん!個人向け国債(変動10)買っても!

 

生活防衛資金のように元本を毀損させてはいけないお金を、僅かでも有利なところに置こうと思うと、個人向け国債の購入はやはり有力な選択肢なのですが、こうも利回りが下がってしまうとは…。

かと言って、国内債券インデックスファンドの購入には充てたくないです。

将来、国債の未達が起こり、国債価格が暴落、なんて可能性もゼロではありませんから。

 

結局、もうしばらく普通預金に置いておくことに

今後、株高にはなっても、国債の利回りが上がることは無さそうです。

個人向け国債の購入は見送り、しばらく様子を見ることにします。

いずれ、仕方なく個人向け国債を購入するかもしれませんが、その時はまたご報告いたします。

 

おわりに

様々なメリット、デメリットがあるようですが、一体どうなるんだろう?というのが正直なところです。

まぁ先のことなど分かりません(笑)

 

とにかく我が家にとってはデメリットばかりなのは確かですから、リスク資産への投資を早く始めて、インフレや預金金利の低下に負けないような家計にしていかなければなりません。

ただ、焦りは禁物だと思いますので、のらりくらりと行きたいと思います。

色々と検討しておりますので、今後記事にしていきますね!

 

おしまーい。

 - 時事ネタ

↑ Page Top