長谷川さんちの資産運用

3兄弟の父による資産運用実践記!だけでなく、ドタバタな子育て生活のことなども好き勝手綴っている「なんちゃって」資産運用ブログです。

原油価格下落は絶好の投資機会!?

 

こんにちは、長谷川ナオトです。

 

私は新潟県に住んでいますが、冬は寒くて寒くて、石油ストーブやファンヒーターが必需品です。

また、日々の生活(保育所の送迎や通勤、買い物など)には車が欠かせません。我が家も例外ではなく、車(ノア)を所有しています。

 

要するに、

寒い×地方=ガソリン&灯油の消費量大

というわけです。

 

ガソリン、灯油が安くなってラッキー!

12日のニューヨーク商業取引所で、国際的な指標となる「米国産WTI原油」の先物価格が一時、約12年1カ月ぶりに1バレル=30ドルの大台を割り込んだ。

2016年1月13日、yahoo!ニュース

だそうですが、このところの原油価格下落によって、ガソリン、灯油の価格が本当に安くなりました。

 

先日、行きつけのセルフスタンドでガソリンと灯油を入れてきましたが、ガソリンはリッター105円、灯油はリッター55円という安さ。

 

大学時代(10年以上前ね…)から自分で給油してますが、特に灯油がリッター60円を割るなんて記憶にありません。

 

いち庶民のお財布には温かい冬となりました。

そのままっ!そのままっ!(競馬か)

 

余談ですが、今冬は本当に温かく、雪の量が例年に比べとても少ないです。

雪下ろしや道路混雑もなく、個人的には嬉しい限りなのですが、スキー場にとっては悲鳴もの。

先の1月9日(土)~11日(祝)の三連休にようやくオープンにこぎつけたスキー場も多かったとか。

 

ちなみに我が家はスキー、スノボをしません。

せいぜい子どもたちと雪遊びをするくらい。

 

さて、原油価格下落のお話。

  • 消費国ニッポンにとって恩恵となるが、金融市場の動揺を招き、株安うんぬん…
  • 物価が上がらず黒田バズーカ効果がうんぬん…

 

こういうお話は置いておいて、個人が原油価格下落の恩恵をもっと得ることはできないものでしょうか?

 

原油価格の値動きに連動するETFの購入はどうか?

原油インデックスに連動するETFを今買っておけばキャピタルゲインを得られるかも…?

なんてことを欲丸出しで考えてしまいますが、知識も想像力もない私には、将来値上がりするという確信を持てるハズもなく…。

 

ちなみに橘玲氏は、

原油価格が上がる理由は見当たらない。

2016年はどんな年になるのか? テロの脅威、中国経済の失速、米大統領選、日本経済は…?[橘玲の世界投資見聞録]

とおっしゃってます。

 

うむむむ…。

 

でも、銘柄コード1671、1690、1699等のチャートを見たら、「暴落やん!今が買い時!」なんて手を伸ばしたくなりません?

 

例えば、1699のチャート。

銘柄コード1699のチャート

yahoo!ファイナンス

どうですか?

異常な下がり方にも見えますが、元の水準に戻っただけということなのかもしれません。

ヘタレな私は、投資先の選択肢としては残しつつ、もう少し様子を見ます。

 

結局、保守的一般庶民代表のような私は、「ガソリン、灯油安い♪」と小躍りしてるくらいがちょうど良いのかもしれません。

 

※言わずもがなですが、投資は自己判断、自己責任のもとでお願いいたします。

 

おしまーい。

 - 時事ネタ

↑ Page Top